流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 48号

今日は腹痛を感じず。

峠は越したか?

それとも、嵐の前の……なのか。


・表紙
今週の表紙は『結界師』っした。


版画風(?)の良守と時音が素敵っす。

でも、時音のかわいい笑顔とは裏腹に、良守の笑顔は悪人っぽ(略)



・マギ
巻頭カラー。


お? あれ?
今週はグラビアがないのに、巻頭見開きカラーなし?
扉絵だけカラーと。

その分、マギの単行本がカラーで掲載されてるけど、これはちょっと寂しいなぁ。


それはさておき。


「ここで退くぐらいなら……………
 死んだ方がマシだ!」

「だから、殺れよ。
 殺れ。
 殺れ!」

「できるか ばかやろう!!!」

カシムを追い詰めるも殺せないアリババっと。


ヘタレだなー>アリババ

と思いつつも、挿入された幼少期のアリババとカシムの回想見たらね。
もうね、そら確かに殺せないわと。

アリババにとってカシムとの思い出は、自分の母との思い出でもあるんすよね。
アリババとカシムとその妹は、アリババの母が亡くなるまでいっしょに暮らしてたわけで。
アリババにとってカシムは兄弟同然で、母にとってカシムは愛情を注いだ息子でもあるわけで。


うん、殺せないわぁ。

とはいえ、ここで「兵を退け」と言ってもなぁと。
よしんばカシムが退こうとしても、国軍の兵士たちがそれを許さないっすよね。
カシムは王や貴族や国軍兵士までをも殺すと宣言したわけだし、実際武力衝突も起きてしまったしで、カシムを死なせないルートはもうないよーな気ががが。


「どんな奴にでも………
 力が宿り得ることを、証明してやるぜ!!」

カシム変身っと。


あー、なるほど。
前回の話だとカシムはただ自分が偉くなりたかっただけ、権力の座につきたかっただけって感じっしたが、今回のこのシーンを読むとスラム生まれでも王になれると証明したかった、ともとれるなぁ。
これはカシムを見直さざるを得ないっすよ。


ただ。


それだったら、『迷宮(ダンジョン)』入れよ!

って思ったり。

最近、『迷宮』のこと出てないから忘れがちだけど、『迷宮』を攻略(クリア)すれば富も名声も力も手に入るわけで。
それどころか、カシムは知らないだろうけど、まさしく“王の器”と認められるわけで。
カシムが望むものは全部『迷宮』にあったんじゃないかなと。

ま、ま、アリババ・アラジン、シンドバッドに紅玉、白瑛と読者視点では『迷宮攻略者』はいっぱいいますが、世間一般的には生きて帰った者はいない、っていうのが『迷宮』なわけで。
ほんとは簡単に挑戦すればいいとは言えないんすが、そこはほら、怪しい人物にすがったあげく、

「我らの神兵よ!!!」

なんて言われるよりは、命を賭けて『迷宮』に挑戦した方がよかったんじゃないかなぁぁぁぁと>カシム


・鋼鉄の華っ柱
『騒ぎに気づいたそいつは必殺の飛翔で向かってきた!』

そいつ=G。
飛びかかってきたGを素手でたたき落とす紳士…………。


「君が反省してるなら言わないよ」

「でも、反省はかたちで示さないとね」


反省に”かたち”を求める紳士…………。


そ、そんなの紳士じゃないからね!

笑ったけど、同時に引きました。
まじでまじで。


・コナン
「娘もビルに閉じ込めて、火をつけてトンズラって寸法だ…」

殺人予定=コナンたち小学生5人+中学生の娘さん+ジイさん。
ジイさんを誘拐したあげく、人質+関わった人間の計7人を焼き殺そうって凶悪すぎるよっ。

そういや、この前のテニス事件の犯人も大量殺人犯だったよーな。

ギャグっぽいシーンもあるから全体的に明るい雰囲気のマンガだけど、ここ最近の事件はちょっとシャレになってないと思うんだ。


・神のみぞ知るセカイ
「もっと噂になればいいんだよ。
 舞島の街中に轟くぐらい」

って、『かのんのアイドルとしての立場は守る』んじゃなかったのか>桂馬
これに関しても何か秘策でもあるんだろーか。


それはさておき、ハクアの出番が多くてうれしいっす。


あと、来週からは懐かしのヒロインが出てきそうで楽しみです。
個人的には栞と月夜あたりに再登場してもらいたいなー。


・最後は? ストレート!!
第2話。
ちょっと教えてもらっただけで剛速球(?)を投げられるようになった主人公。

……ってのが、今回のラスト。


展開おそっ!


でも、面白かったっす。
このゆっくりさがサンデーらしい……と思っときます。


あと、姉ちゃんの三白眼っぷりが今回もすごかったっす。

きらいじゃないです。
むしろ好きです。


・ハヤテのごとく!
「うんうん。ディティールはこんなものだろ」

いあいあいあ。
全然なってないよーな気が>法仙

これはぜひ薫先生あたりにダメだしして欲しい。

って、薫先生のダメだし通りに作ると顔が雪(略)


それはさておき、持ち込みしてる伊澄にふいた>扉絵
ある意味、ナギより本気だよっ。


あーいあ、ナギも持ち込み寸前だったんだっけ。
伊澄はどうなんだろう。もしプロの生原稿見てたら、今回の持ち込みは実現しなかったんだろうか。





伊澄だからなぁ。
そんなまともな理由でダメージ受ける姿が想像できないなぁ。
それよりよく編集部にたどり着け(略)


あと、今回読んでて思ったのは、なにげに千桜はよいお姉さんキャラだなってことだったり。
ナギに対する見守りっぷりがね、あったかいっすよ。優しいっすよ。

会場の外ではナギのためにハヤテが女装メイド姿で戦ってるし、ナギは人間関係に恵まれてるなー。


・結界師
「私共の一族がこれまで払った犠牲も… 全て無駄になってしまう…!!
 この地をください!! お願いします!!!」

時音パパの笑顔にぐっときてしまったけど、これで説得できたら“まほら様”いい人……もといいい神様すぎると思う。
時音の必死さは伝わってくるけど、“まほら様”側のメリット皆無なよーな気が。

まぁ、宙心丸が解き放たれたとき、“まほら様”がどうなってしまうのかにもよるけどさー。


「クーデター… って、知ってる?」

(お館様を止める為だもの…)


一気に総帥回りが慌ただしくなってきたなー。

ってか、これ全部総帥の人望のなさに原因があるよーな。
……特技:洗脳って奴に人望なんてあるはずないか。


あと、「面倒臭い」と言われて思わず536号の手を離してしまった壱号に笑ったり。

地味に気にしてた!

つーか、壱号はどんどん人間らしくなってきてますなぁ。
これからの変化も楽しみっすよ。


・ケンイチ
「チャイキック!!!!!」

アパチャイ直伝の技でコーキンを撃破っと。


師と同じ活人拳らしく寸止めするのかと思ったら、豪快に蹴り飛ばしてて笑ったっす。

ま、まぁ、死なないように蹴ってるんだろう、きっと。うん。

それか、あのアパチャイ直伝の技は手加減のコツも織り込み済みの技とか?



うーん。そうは見えないよなぁ。


・最上の明医
「再解剖ってのは遺族の依頼がなきゃ法律的にできねえし、ド高い解剖費用だって遺族持ち…」

しかも、これ自殺自体は確定なんすよね。
義明たちが争ってるのは青酸カプセルを誰が仕込んだかって部分だけで。

青酸カプセルで織田が死にかけたことは表沙汰になってないみたいだし、遺族的にはそっとしておいて欲しいんじゃないかなー。


・ARAGO
「貫通してた箇所がよかったみたいで…
 すぐ治るってさ」

えーーーー。

鉄の棒が手や足を貫通しててそれはないんちゃうかなぁ>コロ
この辺りの甘さが今回の話のグロさや緊迫感を削いでる気がするですよ。

いあ、コロに死んで欲しいわけではないし、ココにも助かって欲しいけどさぁぁぁぁ。

でも、でも、ここでコロが“すぐ治る”んじゃあ、次回の展開もきっと……ねえ?
せめて一連の事件が終わるまでコロのケガの具合は伏せとけばよかったのに……。

それか、コロの軽傷さは敵の意図通りとみるべきなのか?
ココに、

「許しておくれ… 恨みはないんだ…」

と言ってるし、せめてココの愛犬コロは軽傷で、とか?




うーーーーーーーん…………。


・アラタカンガタリ
『これはまさか-- ヤタカの記憶!?』

おっと在りし日の秘女王が登場~。


秘女王はやっぱかわいいですな。

つーか、ここまで幼かったっけ?
もうちょい大きいと思ってたっすよ。


「『自分の本性』を見せる鏡!?」

なるほど。前回の秘女王が『本来の姿』に戻ったってのは、この鏡で本性の姿になったときの話と。

あれ? でも、そこからさらに元の子供の姿に戻れるんだろーか。
鏡の使い手のヤタカなら元に戻せるのかなー。


「なのに… 次に確かめたときには--」

そもそも何度も確かめるなよと>ヤタカ
ヤタカ自身を“鏡”に映したら絶対、疑心暗鬼にとらわれた醜い化け物が映ると思う……。


「こ…『魂鞘のるつぼ』!?
 しかも大きい…」

「強力な時空の歪みの中で、永久に戻れはしない!」


ゴミ捨て場に最適すぎる。

ってか、ぶっそうな聖地だなぁ。


・絶対可憐チルドレン
演劇終了~。


おお、パティが満面の笑みを浮かべてる!>冒頭見開き
いままで腐的な笑みは何度も浮かべてましたが、ここまで爽やかで満面の笑顔は初めてではー?

『黒い幽霊(ブラック・ファントム)』に捕らわれてた頃のことを思うと感慨深いものがあるっすよ!


「あ、ううん……!
 なんか… みんな仲良さそうで嬉しいなって----」

でも、実はほとんどエスパーっていう>みんな
ノーマルとエスパーの、理想の姿にも見えたんすけどね。一瞬。
ええ、一瞬だけ。

バベルとパンドラメンバーだけじゃなくて、クライメイトやその親御さんもいればなぁ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/10/29(金) 01:51:35|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/888-b429af1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad