流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 2・3合併号

12月も早9日。
今週も早木曜。

こんなことをやってる場合ではないと思いつつ、『FF11』にハマる日々っすよー。


・表紙
今週の表紙+巻頭カラーは『渡辺麻友(わたなべ まゆ)』のグラビアっした。


グラビア1ページ目にこんな文章が。

『ご存じ“まゆゆ”16歳です!
 サンデー読者と同世代』


ほうほう。
サンデーの想定対象読者って16歳なのかーと。

それは確かに“少年”だなぁ。
個人的にはもうちょい低い世代を狙ってるのかと思ってました。


・AKB48香りつき写真~アロフォト~
『特別封入ふろく』。




うん、トイレの芳香ざ(略)

って、2種類あるのか。
もう1つはお菓子を作るときに使うエッセンス的な香りっした。

つーか、これ需要あるのか……?
写真にわざわざベタな香りをつけて。

アイドルの香りつき写真って言うからてっきり、なんでもないです。



・ハヤテのごとく!
巻頭カラーで『ハヤテのごとく! 300回記念… 第3回人気投票結果発表--!!』。


1位と2位のキャラは“罰として”恥ずかしい格好をさせられますよっと(マリアさん談)。

で、かわいそうな栄えある第1位は----


ヒナギク!


第2位は----


アテネ!


でした。

それぞれ暑いのか寒いのかはっきりしないサンタガール・コスしてます。

まぁ、季節柄そんな恥ずかしくもない気がする。
アテネなんてノリノリだし。


でもって、本編の方でもアテネ登場っと。
きゅっとハヤテを抱きしめるアテネがかわええっすね。
のっけからデレ全開かよ!





いいと思います。

と思ったら、それは夢オチで今度は幼女なアテネがマンガ内現実に登場っと。

なにがなんだかさっぱりわからんすが、ともかくただの同人誌対決展開にはならないってことはわかったっす。

つーか、ナギたちの同人誌対決にアテネやハヤテ兄がどう絡むのか楽しみです。


・マギ
互いのルフをぶつけ、魂で語り合うアリババとカシム。

『違うことを受け入れて…
 別々の場所でも… それぞれ自分の一生を精一杯全うしていれば…』


うーん。いまいち共感できないっす。
やり方は悪かったけど、カシムの野望自体は理解できるんすよ。

そりゃ身の丈にあった幸せを追い求め、多くを望まず人生を全うする生き方もあっただろうけど、王様になりたい! って生き方もありなんじゃないかなーと。
カシムの誰を犠牲にしても、ってやり方には賛成できないけどさー。

それにあのスラムの生活で、“平凡だけど暖かい家庭”を築けたがどうかも疑問が残るところで。
実際、カシムの妹は亡くなってるし、アリババの母だってそうなわけで。

結局、

「それを俺は、無理矢理お前と同じ場所に昇ろうとしていた…!」

の、“無理矢理”って部分が全ての間違いだったんだろうなーと。
無理矢理じゃなきゃ、カシムが王になれる人生もあったかもしれな……ってか、『迷宮(ダンジョン)』に挑めよっ!!

そしたら、無理矢理じゃなく王になれたかもしれないのに。
生きて『攻略』できたら、だけど。

同じ命懸けならクーデターや黒いジン化より、『迷宮』攻略の方がまだ分がいいと思うなぁー。


・KING GOLF
『ピン下3mの… バーディチャンス----!!!』

超難関の17番ホールで1オンかつバーディチャンスっと>蒼甫


むう。ちょっと上手くいきすぎって気も。
それでいて、なんか中途半端な感じもあり。

いっそホールインワンしてたら、逆に納得できたかもっす。
もう認めるしかない、笑うしかない(いい意味で)って感じで。


・鋼鉄の華っ柱
朝涼がバイトを始めましたよっと。


妙な格好だと思ったら、弁当屋さんなんすね>バイト先
スマイルの練習つーか試練を受けてたから、ハンバーガー屋なのかと思ってた。

ってか、朝涼のスマイル怖すぎる!
笑わないと美人なのに、って言われてまうわー。

朝涼はどんどんキャラが壊れていくなぁ。

いあ、地が見えてきたといいますか。
バイトでさらにどんな地がさらされるか楽しみっすよ。


あと、

「残りの5千円でキッチリ、オーブントースターも買えるよ」

トースター忘れてなかった!

でも、フラグこなしたよってな投げやり感があってちょい残念す。
もっとオチでどかんと決めて欲しかったなぁ。


・ケンイチ
闇の武器組VS新白連合っと。

「まずい!」

「また宇喜田が斬られる!!」


またって言うな。
笑ったっす。

しかし、宇喜田だけどうしてこうも置いてかれているのか。
師匠がいないから?

他にも師匠いない新白メンバーいますよね?
キサラとか。

いたっけ?


・最後は? ストレート!!
「要するに大河の入るチームが、おじさんのチームに勝てりゃいいわけ?」

ということで、千刻学園メンバーで野球チームを作ることに。


あら? この前入部テストを受けたチームでやらないのか。

それはそれでいいけど、千刻学園チームはずっと野球やってるわけにはいかないんじゃあ。
それぞれ白服として自分の分野で頑張らないといけないだろうし。

そこらへんがちょっと釈然としないなぁ。


・神のみぞ知るセカイ
栞登場っと。


微妙にキャラ変わった?
例の、言うべきことを考えまくったあげく何も言えない、ってなシーンがなくて残念。

つーか、これはあれか。
心の声を書いてしまうと女神がいるかどうかバレてしまうからか?


「僕、A組の五位堂結!!」

栞回かと思ったら、後半は結回だった。

結こそキャラ変わりましたよねぇ。
身も心も。

そういや、エンド迎えてから男装の麗人になるってのも珍しい気がするですよ。
普通、逆だろと。


『問題は、栞がどこまで覚えているか…
 まだ恋愛は続いているかだが…』

女神がいたら全部覚えてるってわけでもないんだろーか。
そもそも全部覚えてて、ヒロインから桂馬に一切話しかけてこないってのも不自然極まりない気がしないでもない……。

が。

あー、栞ならありえる、か?
受け身なキャラだし。

しかし、他のヒロインは。
うーん。


・DCD
特別読切。前編。
作者は『田口ケンジ』。

『クラブサンデー』からの出張宣伝読切。

あらすじは割愛しまっす。
ほぼ設定説明用ストーリーで話らしい話がないですしね。

なので、特に面白いということもなく。
個人的には、宣伝マンガとしてはちとあれだと思うっす。

わざわざ出張してきて設定の説明ぶちかまさんでもと。
それも回りくどいやり方で。

実質、今回の話で伝えたいことは、

主人公たちは超能力者で、謎の殺人鬼『アンチ』に命を狙われ、戦っている。

ってことだけっぽいし、それは冒頭で説明するかいっそ説明しないでキャラを見せるだけの番外編とかやって欲しかったなーと。


・境界のRINNE
「あら、入部希望の人?」

「いえ、あの… マフラーの編み方を…」


入部する気もないのに、マフラーの編み方を教えてもらうためだけに手芸部に入り浸る桜ってすげーと思う。
かっこいいと言ってもいい。


・MIXIM☆11
ゼロは王女の半身でしたよっと。


……えーと?

読み終わって、しばし呆然としたっす。
1話読み飛ばしたのかと思った。

でも、そうではないとー。

うーん。何が起きてるのか理解はできてるけど、まったく話についていけませぬ。
ゼロが王女の半身で合体するととてつもない化け物に、とか言われても、そもそも王女って誰? その子、王女やったんかい!
と、そんな感じでございます。

うーんうーんうーん。つまりは、ラスボスのパンドラを倒したと思ったら、真のラスボスが出てきた! とかそういうことなんだろーか。ラスボスの2段階変身的な。

しかし、うーん。そもそもパンドラにラスボスらしさがなかった気ががが。

ってか、いまやってるこれは、ラストバトルなのか?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/12/10(金) 01:12:12|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/907-3fe7dc09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad