流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 2号

今日、ルーズソックスをはいた女子高生を見たっす。



……まだ絶滅してなかったのか。


・ナルト
表紙+巻頭カラー。


「さあ術の用意はしてやった…
 今オレが殺したこいつをこっちの奴を使って穢土転生しろ」

おおう、エグいなぁ>マダラ
命の尊厳もなんもありゃしない。

でも、敵側のボスなんだしこれくらい凶悪でちょうどいいのかもしれないっすね。
最近の悪役はなんだかぬるいキャラが多い気がしますし。

しかし、凶悪すぎても少年マンガじゃなくなってしまうしで、さじ加減が難しいところなんだろーなー。


「そのためにはまず甦らせたい人間の体の一部…
 一定量の肉体が必要だ」

「個人情報物質(DNA)である体の一部がね」


“(DNA)”はいらなかった気がするっす。
こんな忍ファンタジーなマンガでDNAとか持ち出されても萎えるですよ。

あと、『一定量の肉体が必要』って言うから文字通り、“肉”が必要なのかと思ったら、

「ダンゾウの右目や六道ペイン達の武器にならまだ彼らの個人情報物質がそれなりに…」


右目はともかく武器に、ってんなら少量の血液や体組織でもいいのかなーと。
現実のDNA鑑定みたいに。

それだったら、自来也の家に行けば髪の毛の一本くらい落ちてるんじゃないかと。

つーか、ナルトと自来也の師弟対決はないのか。
ちょいがっかりっす。


それはさておき、『穢土転生』の仕組みより『浄土』がどんなところなのか、死んだ人たちは『浄土』でどんな状態なのかの方が気になるっすよー。
『浄土』には『浄土』の暮らしがあるのか、はたまた『浄土』でただただ眠り続けてるのか……。
気になるー。



・ワンピース
海底火山が爆発したり、海獣に乗った魚人に行く手を遮られたり。


「いやだね~~~!!!
 バ~~~~~カ!!!」

ルフィ、楽しそうだな。

でも、船長として全然成長してなくてイラッとしたり。
土石流や魚人との遭遇でも、船長がすべき判断と指示をナミが代行してるし。

いあ、そこらへんテキパキやるようなルフィはルフィじゃない、ってわかってはいるんすが、うーん。
現状、ルフィはカリスマ+最高戦力ではあってもリーダーではないよなぁと。

これが別にリーダーがいて、ルフィは斬り込み隊長+ムードメーカーってんなら別段文句もないんだけれど。


・ブリーチ
「雨竜が襲われた事を“同種の人間を襲撃した”と仮定すれば----」

えーと……あなたの息子さんは、怪しい人影を見かけて追いかけたら返り討(略)

うん、情報の共有って大事だね。
石田親子はもっと会話すべきだと思います!


あと、『滅却師(クインシー)』って単語懐かしいなっ。
お師匠さまのことはもういいのかい?>雨竜

個人的には、涅マユリが石田の師匠兼祖父にしたことについて、ちゃんとケリをつけて欲しいなーと今でも思ってます。


・トリコ
『この人 無口とか人見知りじゃなくて ただ声が小さくて誰にも聞こえてなかっただけなんじゃねーか!?』

初代メルクは小声なだけの天然キャラでしたよっと。


いかん、ちょっと萌える>初代メルク
こんなに気さくな性格なのにずっと無視されてきたとか、しかも本人それにじっと耐えてきたとか。泣ける。


それはさておき、二代目メルクが真相を知ったらショックだろうなー。
寡黙で厳格、かつ人見知りだと思ってた父親が実はこんなちょい萌えオヤジだったと知ったら、もうどう接していいのかわからなくなるんじゃないかと。

つーか、小さい頃は初代メルクが小声なのを知ってたのに、大きくなってなんで忘れた……?


「どれもこれも… メルクさんが作った包丁“だけ”が可能な調理です」

なにげに小松が“料理人”としてしっかり活躍してた。
ってか、まぁ、小松は最初から一流ホテルの料理長で、いまや世界に名を轟かす名料理人なんですよねぇ……。

ぜんっぜんそうは見えないっすががが。
技術は足りてるって点では二代目メルクといっしょっすね>小松

あと足りてないのは、グルメ界に耐えられる体力や適応力か。



どー考えても身につかないだろ……。


・銀魂
「背中の皮がはがれてるじゃないか
 屁怒絽兄さん」

痛い痛い痛いぃぃ!

でも、笑ってしまったっす。
次の登場シーンでは一応治ってるギャグ仕様でよかった。


「どうじゃみんな ココは江戸の風習にならって江戸のやり方で礼をしようじゃないか!!」

「それはいいね お父さん
 今迄僕等にしてくれた事をそのまま返してあげよう!!」


でもって、途中荼吉尼の誇りや魂であるところの角をへし折ったりと、ギャグにしてもシャレにならんことをやらかしてしまった銀さんたちが、そっくりそのまま“善意”で仕返しされるってオチが秀逸だなと。

因果応報で終わるギャグマンガって気持ちがいいと思うんだ。


そして、ラスト2コマで神楽と妙が出てきたところで気がついた。
銭湯回なのに微塵もヒロイン(?)の出番がなかったことに。

下ネタは連発しても、エロスはなしとか。
『銀魂』らしいっちゃらしい、のか?


・サジタリ
『2011年もトバしていくぜ!! ジャンプ本気印(マジじるし)の漫画カーニバル 第2弾!!』。
読み切り。作者は『野々上大二郎(ののうえ だいじろう)』。

あらすじは、

中学最後の県大会決勝に押し出しフォアボールで負けてしまった主人公。それ以来、チームメイトと口をきかなくなりスポーツと名のつくものは体育の授業でさえできなくなった。
そんな主人公を保健室の先生が無理矢理弓道部に入れようとして----

ってな、弓道マンガ。


うーん。
なんといいますか、話があってないようなマンガだなーと。

主人公の挫折とそこからの復活、成長を描いてあるんだと思うんすが、ぶっちゃけそれしかない。
テーマは描ききったと思うけど、シンプルすぎて感動や面白さはなかったかなーと。

登場人物も少な目っつーか、必要最小限でいっそ不自然な気さえするっす。
なんで部長しかいないんすか、弓道部……。

あと、野球の試合で負けてトラウマと言ったらやっぱ高校野球では?
そりゃ中学の県大会にも重みはあるんだろうけど、いまいち共感しづらいっすよ。
中学でも全国大会ってあるんだ? って感じっすよ。

中学時代のチームメイトが全員(?)同じ高校に揃ってることにも違和感が。

いあ、たんにこの日、主人公の高校に呼び集めただけかもしれませんがが(キャッチャー以外)。


あと、

「よぉ 負け犬」

ここまで煽られて練習がんばっちゃう主人公は負けず嫌いってより、ただのマ(略)

元より乗り気じゃなかったんだし、普通はこれを口実に逃げるんじゃないかなぁ。


というわけで、つまらないとまでは言わないまでも面白いとも言い難いマンガっした。





……うーん。
結局のところ、主人公に感情移入できなかった。
これの一言に尽きるかもしれないです。


・めだかボックス
「違う!
 これは植物を操っているのよ--」

「『土を操ることは植物を操ることとイコールなのさ』」


いあいあいあ。

何を言っているのかまったく理解できないっす。
腐葉土を作ったら、植物が触手化してなおかつ自在に操れるようになりました、って……。


・ぬらりひょんの孫
『以前は母である雪羅の管轄だったそうです』

前から気になってたんですが、つららの母親である雪羅っていまどうしてるんだろう?
よもや死んでしまったとも思えないですし。

そういや、つららの年齢も謎だなぁ。

つーか、父親はもっと謎か。

実は謎多いっすね>つらら


『百鬼夜行… つらら組…
 誕生です!!』

また手近なところで済ませたなっ!>九十九神たくさん

しかし、組員全員が氷系ってどうなのか。
ものすげー使える局面が限られそうっすよ。


・保健室の死神
ほんとにやってるし!>『さすらいの保健室の死神』

そういう遊び心キライじゃないっす。

ただ、コマをまたいだりするのはやりすぎな気がしないでもない。


あと、

「ところで絶花先生 付き合ってる女性とかいないんですか?」

「母親こそ至上!!
 次っ!」


さらっとすごいこと言ってるし!

ほんとこのマンガには残念なイケメンしかいないな……。


・LIGHT WING
すっかり最後尾が定位置だなー。


でもって、

『“あの人” 焛童心亜(りんどう シアン)』

が登場っと。


ここで出たことにそろそろ連載打ち切(略)


それはそれとして。


思ったより普通のキャラだったなーと。
どこかで見たことがあると言いますか。

瞳孔がヤギみたいな横長だったり、“です”が『Death』に変換されてたり、サッカーに興味はないけどそのサッカーで有望な選手の心を折るのが大好きだったり……。

わりとよくあるサド的ボスな気がするですよ。
ついでに“あの人”ってのは『ハリー・ポッター』を思い出したり。

個人的には、もっと奇抜なキャラであって欲しかったっす。
作品内での扱いがそういう感じなので余計に。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/12/15(水) 00:25:05|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ありえない位土を成長(腐葉土化)させて、栄養がありえない位植物に行って、ありえない位の成長スピードに、、、、、、

マイナスって事で大目にw江迎ちゃんを許してw
  1. 2010/12/20(月) 18:10:27 |
  2. URL |
  3. 透明 #-
  4. [ 編集]

かわいいから許す!

  1. 2010/12/22(水) 01:55:56 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/908-c733b64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad