流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 15号

最近、微妙に頭痛と腹痛がするっす。ほんと、微妙、微妙に。

ちゃんと風邪が治ってないのかなぁ。


・ナルト
表紙+巻頭カラー。


表紙イラストは、『ホワイトデーの術!!』ってことでいろんなキャンディをバラまくナルトっした。

この、ちょっとうざく感じるどや顔こそナルトだよなー。

でも、『ホワイトデー』と言うわりにはキャンディの塗り方がこう、和菓子屋でしか売ってないよーな和風テイストだなーと。

って、忍者マンガだからそれでいいのか。








……忍者マンガ?



閑話休題。


巻頭見開きは『第7回キャラクター人気投票結果発表』っした。

ヒナタ(10位)にさえ負ける正ヒロインって……>サクラ(12位)

つーか、デイダラ(6位)、サソリ(8位)に負けるヒロインたちって……。
あ、イタチ(5位)はいい手向けになった気がするっす。イタチ……。

あと、サイ(12位)だけなんかえらく顔色が悪いってか、もはや死人みたいな顔色してるんすが、なにこれ……。
満面の笑みなのが逆に怖いっす。


で、やっと本編。
ミフネVS半蔵。
昔話をしたり、信念について語り合ったり、互いに技を解説しあったりとながなが語り合いつつバトルっと。


うん、キミらたぶん席についての話し合いで決着つけられると思うよ。話し合っちゃえよっ。


・ワンピース
「ちょっと待って ホーディのお頭!!!
 危な」

「あのヤロー仲間を盾に!!」


盾にされたのは人間? 魚人?
人間が普通に人間離れした顔してたりするマンガだから、アップだと区別がつきにくいっす。

って、よくみると手に水掻きが。魚人っすか。

つまり、ホーディは魚人の仲間も使い捨てにするようなヤツってことかー。
人間だけ使い捨てにするのかと思ってたっす。
わかりやすい悪人だなぁ。


「最終的にはしらほし姫を誘拐する気なんじゃ…」

「そんな事夢に描いても誰が実行するってんだ……」


濡れた体がキラキラ光って可憐なことこの上ないです!>しらほし姫

でも、これサメの胃え(略)
きっと現場ではツーンと酸っぱいにおいが……。

「人魚姫誘拐事件だァ~~~!!!」

違う意味で前代未聞すぎる。


それにしてもほんとにでかいな、しらほし姫。


・トリコ
グルメピラミッドに入ってすぐ遭遇した『ゴルゴロプス』を一瞬で完食っと。

あいかわらず、人型の敵でもかまわず食ってしまうのなー。

いあ、まぁ人型とはいえ人間には見えないけどさ>『ゴルゴロプス』

なんつーか、ゴリラを食うのって抵抗ないっすか……ってないわけないよね。形以前の問題で。


『勘違いするな トリコ
 別にてめーを助けたワケじゃねーぜ…』

ツンデレすぎるよっ、ゼブラさんっ!
絵に描いたようなツンデレゼリフで笑ったっす。


『この足跡は…鳥人間!?』

そういや、オゾン草のときに出てきた鳥人間、あれっきり出てなかったっけ?
めっさ謎の存在なのにきれいさっぱり忘れてたっす……。
GTロボが先に出てるから、いまいち印象に残らないんすよね。


あと、今回、半ページ(4コマ)が下書きのままっした。

でも、何が描いてあるかはちゃんとわかるレベルで。

ここまで描けてて仕上げ作業を待てなかったって、どんだけ時間ギリギリだったんだ>入稿


・銀魂
「なんか…… 臭くない?」

で、結局ほんとに臭いのかよっ>将軍

嫌がらせでも意地悪でもなんでもなく、ほんとに……臭いって……もう……やめたげて…………。


つーか、出るたびほんとぉぉぉぉぉぉぉにっ! ロクな目にあわないなぁ>将軍
笑ったっす。


・べるぜバブ
引き続き修行編っと。


褐色ベル坊の自由すぎるノリが面白かわいかったっす。くいくいっとか、スタタンスタタンとか。


・戦国ARMORS
第2話。


お、ちゃんと生き残った>小坊主

そして、案外よくしゃべるし出番もけっこう多かった。
明智とお長、どっちにもツッコめるし、解説もできて橋渡し役にもなれてと使い勝手がいいとー。

最初の1話きりで消えるかと心配したけど、しばらくは大丈夫そうっすね>小坊主


「いやいやだって私大永六年生まれですよ」

大永六年は西暦1526年。
“本能寺の変”は西暦1582年のこと。
このマンガの“現在”は、“本能寺の変”の10年後、でしたっけ。

つまり、明智光秀は……うん、顔面詐欺だ。


・バクマン。
「ゆびきりげんまん」

連載を約束して蒼樹さんと指切りする平丸さんと、それを目撃してショックのあまり逃げ出す中井さんっと。


急に平丸さんがすごい人に見えてきた……。

って、実際すごいっちゃすごいんすよね。連載作がアニメ化してヒットしたし、でかいマンションに住んで外車を乗り回してて。

それでいて、大物感がなかったのはあのキャラだからか。
それさえも大物なのに飾らない性格と言い換えれば……すげーぜ、平丸さんっ。

蒼樹さんとも現状、両想いですしね。


それはさておき、

『5話の速報15位……… もう後がないと言ってもいい…』

たった5話掲載されただけの時点でもう“後がない”とか言われてしまうのかー。
厳しいなぁ>ジャンプ


そして、七峰くんの壊れっぷりがひどいっす。
化けの皮が剥がれたとも言えるかもしれないけど……うーん、ちょっと崩れ方が強引すぎる気がするなぁ。

展開さくさく進んでいいけどさぁ。


・magico マジコ
第3話。


今回もシオンとエマのバカップルっぷりと、それに茶々を入れるネコが面白かったっす。

反面、それ以外の部分は地味ぃーな気がしたり。
終盤の犬っ娘(?)の話もこれといってカタルシスは感じなかったっす。

なんかシオンのキャラが微妙な気がするんすよね。ふわふわしてると言うか、ぴしっとしないと言いますか。
エマ大好きで、でも純情ゆえに素直になれなくて、ってキャラははっきりしてると思うんだけど、なにかひと味足りないよーな、そんな物足りなさを感じるっすよ。

これからエピソードを重ねていけば、主人公としての魅力が開花していくのかなー。


・DOIS SOL ドイソル
第5話。


面白かったっす。
主にマネージャー(ちがう)と各キャラの絡みが。

あと、かっこつけて取りだしたユニフォームの余りの汚さに、思わず元の箱に戻してしまう監督とか。

サッカーシーンや気弱な彼の成長シーンは、特に心動かされるものはなかったっす。


・SKET DANCE
引き続き、加藤希里が先生を拉致った話の続きですよっと。


うーん。まず加藤希里がすごく浮いてると思う。

いあ、生徒会からとかじゃなくて、『SKET DANCE』というマンガの中で。
忍者で一匹オオカミって、完全なギャグキャラやんと。
それなのにシリアスめな話にばかり登場してる気が。

でもって、それがまたあんまり面白くない。

そして、今回もまたシリアス話……うーん。


・ブリーチ
真ん中よりやや後ろの方>掲載順位


みんな、『完現術編』はお気に召さない、のか?
個人的にはいままでの『ブリーチ』と大した変化はないかなと思います。

あー、いあ明らかにバトルが減ってるか。
そこらへんが順位を下げてる原因だったりするのかなぁ。


「あなたのためにやってるんじゃないんだから… すし河原くん」

『獅子河原ですけど』


ものすげーシュールっす。
およそギャグかますよーな雰囲気じゃなかったし、そのあとそれ以上のツッコミもなく流されてるし。

でも、じわじわくる。じわじわくるよ。
ものすげー面白い気がしてきた……!

やっぱ『ブリーチ』にはバトルよりコメディやギャグを求めたいなぁ。


・エニグマ
『この先は迷路の如き無限回廊となっております』

よしっ、マッピングするんだっ!
紙とエンピツがないのかと思ったら、夢日記用のノートとシャーペンを持ってるじゃないか。
マッピングもせずに迷ったとか笑止千万ですよ。
オートマップのなかった昔はみんな方眼紙(略)


・ぬらりひょんの孫
「迷子になった<私>を見つけて!」

「時間は44秒!!」


みじかっ! 制限時間みじかっ!
見つけさせる気ないだろ、それ。


「ありがとう ずっと…あなたにお礼が言いたかったんです…
 あなたを追いかけてたら… ここに閉じ込められちゃって」

途中から恨み言になっとるっ。


それはさておき、見開きで武器全開の黒田坊かっこいい!

でもって、消えていく地下鉄少女の横顔が美しくも切なげで、とてもよかったっす。


・保健室の死神
抽出銃ゲットだぜ!

……プラグマを脅しつけて。


つまり、これはあれか。
そもそもアシタバたちの侵入に気づいたこと自体がプラグマの不運だったと。
気づいたばっかに野球ボールにぶち当たるわ、中学生たちに脅されるわ、さんざんな目に。

異能はバトルに使うだけのものじゃない、とー。

面白かったっす!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/03/16(水) 01:49:40|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/951-9ee8e730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad