流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年サンデー 20号

『シュタインズゲート(PC版)』、とりあえず全エンド見たっす。

で、先週録画しといたアニメ版『シュタインズゲート』第1話を見たり。
原作ゲームが全年齢対象ってことでキャスト同じなんすね。

おおお、なんだこの懐かしい友達にあったような感覚は。
全ルートクリアしたから話の筋は知ってるんだけど、これは楽しい。
知ってるからこそ面白さ倍増とー。

よし、アニメ版『シュタインズゲート』は毎週見ることにしよう。


・表紙
今週の表紙は『コナン』っした。

珍しく表紙飾ったと思ったら、巻頭カラーは『BUYUDEN 武勇伝』、か。
『コナン』が表紙+巻頭カラーを飾る日はくるんだろーか。



・BUYUDEN 武勇伝
萌花のボクシング友達が登場~。


その友達、最初見たとき誰かわからなかったんすが、

「昔、空手やってて最近好きでボクシング始めたんやて」

って、小学生女児に5人がかりで襲いかかって返り討ちにあった中学生たちの助っ人! 小学生女児に5人がかりで襲いかかって返り討ちにあった中学生たちの助っ人じゃないか!

なんか病弱そうに見えたんでわからなかったっす。

でもって、初登場時から思ってたんだけど、現在中学生で昔空手やってたってすごいことなんだろーか。
いま中学2年生とすると“昔”やってたってことだから、1年以上前にやめたんだと思うんす。

つまり、

「オレは強いぜぇ。小学生のころ、空手やってたからな!」


……あれ? 全然すごくなくね?


それはさておき。

「たかだか2つ3つ年下ってだけだしな。
 もう十分“味見”できるコースだろ」

ヘンタイだぁーーーーっ。

どこまで黒歴史を作るつもりなんだこいつら……。


『調べてもこの辺のスポーツジムでボクシングやってるとこなんて一軒もなかった---
 ったく、ガードが甘すぎるぜ あのバカ!』

心配してみせても、しょせんはストー(略)

ヘンタイに愛されすぎっす>萌花


・銀の匙
ニワトリの卵は肛門から生み出されますよっと。


以前、親がゆで卵を作ったお湯でお茶を淹れてると知ったとき、キレかけたことを思い出した……。
上の知識を知っていたので。


それはさておき、

(女子どももやめろぉぉぉぉ!!!
 それは肛………)

普通に食べる分には殻を割って中身だけ食べるんだから気にしなくてもいいと思う今日この頃。


・ケンイチ
「一影九拳が1人…人越拳神。
 本郷晶か!?」

すんげー耳が尖ってる>本郷晶

これはあれか。
美羽の父親と見せかけて、実は新島の(略)


「美羽の父親こそ“闇”の一影九拳が長… “一影”その人なのだから…」

ってか、美羽の父親でさえなかった>本郷晶


・神のみぞ知るセカイ
「水化術……」

かのんの体がぷるんぷるんに。


『シュタインズゲート』やった直後にこんなシーンを見ることになるとは。
ある意味タイムリーすぎる。


それはさておき。


そう簡単にかのん復活とはならないと。
それは別にいいんだけど、かのんが復活しないとエルシィの別行動も終わらないわけで。
桂馬とエルシィが別行動しっぱなしってのもちょっと寂しいものがあるですよ。

その分、ハクアの出番が増えるのは嬉しいけどさ。


・BE BLUES!~青になれ~
龍の病室に優人が訪ねたり、一気に時間が進んだり。


うーん。前回よりは胸に響くものがあったけど……けど……うーーーーーん。
やっぱ響くってほどの感動はないかなぁと。


「私が無理だって言ったら… 君はあきらめるのかい?」


「なんで… なんで龍ちゃんが心配すんだよ…!」


とか、今回も感動ポイントあったと思うんすがが。
なぁんか全然こないんすよねぇ……。なんでなのかなぁ。


・ポケットモンスターReBURST
「油断してんじゃねーよ……」

どっこい生きてたヒルグレイツっと。


なるほど。それで前回、あんな地味なやられ方だったのかー。

って、今回も地味なやられ方しとるっっ。

つーか、今回は全体的に地味っしたね。
もしかしてあんまバトルに向いてない?>作者


・謎の転校生ダモン
読み切り。『新鋭ギャグ3連発! 1発目』。
作者は『乙羽春(おとわ はる)』。

あらすじは、

主人公のクラスにやってきた転校生・任源蛇門(ニンゲン ダモン)はあきらかに人間ではなかった……!

ってなギャグマンガ。


いかん、『任源蛇門』って名前がすでに面白い。
それ以降は正直微妙な笑いなんだけど、その微妙さがまた面白いっす。

これは狙ってやってるんだろーか。
それとも、たまたま絶妙な微妙さ加減になってるだけなのか。

ともかく面白かったっす。

でも、最後の、みんな人間じゃなかったってオチは……うーん。
さすがにシュールすぎるかなぁと。
それはギャグマンガのオチじゃない気がするっす。


・常住戦陣!! ムシブギョー
火鉢の爆弾が弾切れでピーンチ!

……ってなるのかと思ったら全然そんなことなかったぜ!


「今日からあんたは私のライバルよ!」

デレた。

いあ、デレたっつーかなんつーか。
最初の無関心っぷりからすると、この心変わりは唐突に思えるっす。

そりゃ今回、いっしょに戦って通じ合うものがあったんだろうけどさ。
それにしたってここまではずっと仁兵衛の生死にさえ無関心、ってくらいの無関心っぷりだったわけで。
その無関心っぷりを覆すにはちょっと説得力がなかった気がするですよ。

って、花見のときちょろっと仲良くなってたっけ。
そもそも、あれも説得力がな(略)


・ハヤテのごとく!
ワタルが咲夜から1億円借りましたよっと。現金で。


「一億円… まだこれをどうやって新事業に使っていいかわかんね~けど…」

それは考えとけよっ。
本来、金は借りてるだけで利子が膨らんでいくものなわけで。

咲夜が無利子で貸してるとしても、それを考えに入れてない時点でワタルに死亡もとい破産フラグが立ってるよーな気がが。


『借金のせいで家族全員行方不明』

「僕ってもしかして… ものすごい貧乏神なんですかねぇ…」


借金で一家離散については“仕様”です!
このマンガの“仕様”です!

ハヤテ以外にもいるからなぁ、ヒナギクとかルカとか……。


・マギ
島で待っていたのはアブマド兄弟でしたよっと。


第1話のキャラバン・ヒロインズかと思ってた。

ってか、国の体制を大きく変えたアリババがシンドリアにいるのに、元国王・副王までこんなところにいていいのか?
いまバルバッドは誰が治めてるんだ。


あー、そういや煌帝国から皇子が派遣されてるとか言ってましたっけ。
あれはお目付役とかそんなのかと思ってましたが、実は直接統治してるのか?

でも、それってバルバッド消滅と同義じゃね。
うーん、そこらへんどうなってのかいまいちわかんないっす。


・ランウェイを☆プロデュース!!
第7話。


あれ……? なんだか……最終回っぽい……よ?

つーか、本当に最終回だった。

え? え? 第7話でもう最終回?
サンデーに限ってこんな早期で打ち切りってことはないだろうし、思えばこのマンガは最初からすさまじく飛ばしていた。
つまり、最初から第7話で終了の短期連載だったと?

えーー。そんなの書いてありましたっけ?
ついこないだ新連載ラッシュの1つとして大々的に始まったばっかやないっすか。
それが実は短期連載でしたってひどくないっすか。
それを知っていれば、あの飛ばしっぷりも楽しめたかもしれないのに。
ちょっと誠意がないんじゃないかなぁ>編集部

って、私が見落としてただけならすみません。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/04/15(金) 01:42:21|
  2. 少年サンデー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/967-eb61665e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad