流れる川の底の砂

駄文ブログです。ネトゲ/UO、漫画・雑誌の感想、日々の雑感などなど。 日記と呼べるほど更新されない可能性大。

感想:少年ジャンプ 28号

最近、仕事がやばいっす。
仕事がなさすぎます(完全歩合制)

うーん……。
株でもするか(死亡フラグ)


・ワンピース
表紙+巻頭カラー。


「ジンベエ!!
 こっちは仲間取られてんだ!!」


「おれは行く!!
 止めてェんなら……!!
 止めてみろ!!!」


なんとなくナルト思い出したっす。

ルフィもあいかわらず大局を見ないっつーか、自分の感情最優先っすねー。
それがルフィのキャラであり売りであるのはわかるんですが、いまや世界に名を轟かす海賊の1人になったんだし、そろそろ猪突猛進以外の行動を取ってもいい気がするっす。

いあ、まだ若いんだし落ち着くには早いのかもしれませんが、船長って立場を考えるといつまでも猪突猛進→仲間がフォローってのもなんだかなぁと。
無名の海賊ならそれでいいと思うんすが、ここまでの影響力と戦闘力を得たいま、なんにも考えてないことがなんとなく器の小ささに感じてきたり…………。

とはいえ、今回はルフィの言う通り仲間が捕まっているんだし、政治的な背景を無視して船長自ら乗り込むってのはあり、……なのかなぁ。
制止してるのが大恩人とも言えるジンベエなわけで、うーーん。




・トリコ
トリコと小松がグルメ神社に行きましたよっと。


この、とりあえず、“グルメ”ってつけとけ!
とりあえず、なんでも巨大・広大にしとけっ!

ってノリは大好きっす。
わかりやすいネーミングと見ればわかるインバクト、実に少年マンガだなぁと。

でも、

『境内の面積は実に8万平方キロメートル
 ※北海道とほぼ同じ広さ』

ってのは、ちょっとふかしすぎだろうと。
そこまで境内がでかいと、逆に各施設の大きさや露店の数が見合ってないよーな。
最後の本殿も年間90億人の参拝客さばくには小さすぎないっすか。


・ナルト
立ちふさがる雷影をキラービーが拳、もとい雷犂熱刀(ラリアット)で説得っと。


結局、ナルトは雷影に歯が立たずっすか。
やっぱどこかに匿われてた方がいいんじゃあ……。


キラービーと雷影の拳の語らいは……うーん。
いまいちバトルと「お前は“オレにとって”特別な存在だ!!」の言葉を思い出すタイミングの関係性がわかんなくて、心に響いてこなかったっす。

って、あー。あの言葉のおかけでオレはこんなに強くなったぞ、ってことか?
それを思い出の雷犂熱刀で示して見せたと。





うーーーん。
響かねぇぇぇぇぇ。


・べるぜバブ
引き続き、入れ替わり中>男鹿とベル坊


めさめさ面白いっす。
古市のツッコミがキレまくってんなぁ>前半

そして、後半は邦枝のツンデレが面白かったっす。


あと、

「侍女悪魔ならしっかり面倒みなさいよね」

ちょっとしたイヤミのはずが正論すぎて笑った。

でも、しっかり面倒みると前回男鹿家で家族に誤解されたよーなことになるっていうー。


・花咲一休
天狗を名乗る少女が出てきたり。


ヒロイン登場?
それとも今シリーズ限りのキャラなのか。


それはさておき、このマンガのキャラはなんかみんな同じ顔に見える気がしないでもないっす。

そして、女の子は太ってるわけでもないのにぽっちゃりつーかぽよぽよしてるように見えるっす。

キライじゃないし上手いとも思うんだけど、そこらへん微妙さが拭えないなぁと>絵


・magico マジコ
結界の中で囚われのリリィを発見っと。


「炎じゃ教会は燃やせても… 魔法空間への結界は破れねぇ!!!」

さすがシオン、対結界魔法も修得済みか!
って思ったら、

『俺がやる!!!』

箒でこじ開けるのかよっ。
そ、それ炎の攻撃とどう違うのん?


「たいせつなヒトがいなくなるの
 もう見たくないよ………!」

む、むむ。
互いを思いあうリリィとローグ、か。

う、うーーん。ぐっとくる前に、無責任さを感じてしまったっす>リリィ

悪用するって宣言してる相手にそんな簡単に渡してしまうのはどうなのか>『プラリネの祝福』
しかも、渡したところでリリィもローグも捕まったままの状況は変わらないわけで、極端な話、さっそくお前たちで呪いの実験してやるってな展開もあり得るわけで。
あまりにも考えがなさすぎる気がが。

いあ、考えるまでもないってくらい大切に思ってるってことなのかもしれないけど、けど、うーーん……。ぶっちゃけそこまでリリィとローグの絆を実感できないといいますかー。
なんかともかく、ぐっときませんでした。

反対に、

「できねえなら 笑うなよ!!!」

ってなシオンの怒りには、ぐっときたっす。
誰かのために怒れる主人公ってのはいいっすねぇ。

ただ、

「“導火線だ”!!!
 てめーの炎を届けてやる!!!」

ローグの炎でって気持ちはわかるが、せっかく動きを封じた相手にいますることかって気もしたり。
それとも、炎を伝わせるだけで箒草は爆破の後も健在なんだろーか。
はたまた、のしてしまえば拘束不要って考え方なのか。

どっちにしろ『プラリネの祝福』を返してもらわないといけないから、倒して終わりじゃないんすよね。
むしろ死なせると非常にまずいことになる。

そういう条件の中、ぶっ飛ばすしてもあんまりスカッとしないかなーと。


・バクマン。
『CROW』の連載継続か終了かを巡って騒然となる編集部っと。


「編集部全員 敵!!」

実際はどうなんすかね~。
編集者にとって他の編集者とその担当作品はライバルってことを考えると、看板作品である『CROW』の終了は大きなチャンスに映る気もするっす。
一方で、『CROW』のおかげでジャンプの読者数が底上げされて、自分が担当してる作品の売り上げもアップするかもって考え方もありそうっす。


それはさておき、吉田さん有能すぎて笑った。
編集部での演説といい平丸さんの操縦といい、全員を手玉にとってるなぁ。

そして、平丸さんの「1位を獲ったら何でも願いをひとつ叶えてくれる(蒼樹さんが)」の願いが「「カズタン」と呼んでください」って。
吉田&平丸コンビの株が上がりまくりっすなぁ。


・ブリーチ
一護の完現術が“本当に完成”っと。


なるほどー。つまり、これはあれか。
長い長~い、コスチュームチェンジイベントだったと。









そのせいですっかり掲載順位を落(略)

……今度のコスはヒーローものっぽいっすね。
個人的にはキライじゃないっす。


「名前が必要だな
 お前の完現術にも」

くっ、震えた。私の中二病魂が。

ってか、こいつら黒歴史のまっただ中を生きてるなぁ~>銀城・一護

そして、完現術の名前って最初から決まってるものじゃなくて、自分で決めるものなんすね。
かつて銀城と月島は仲間だったそうだし、他にも完現術持ちの仲間がたくさんいたんすよね、確か。
……わいわい言いながら名前決めたり、新しく仲間になった相手に自分の完現術ネームを紹介しあったりしてたわけか。
「おれは○○って呼んでる」とか。

それはそれで楽しそうだな。


でもって、ラスト、一護が家に帰ると月島が“いとことして”上がり込んでましたよっと。

おお。いいっすね、こういうの。
ホラーっぽいです。
妹の洗脳(?)されっぷりが怖ぇぇ。


・保健室の死神
明羅の事件から2週間がたちましたよっと。


そうそう、これだよっ!
これが読みたかったんだよっ。
キャラがそれぞれのキャラらしさで笑わせてくれる、そんな日常(?)コメディ。

でも、

「病魔…
 …冷血を手放そうかと思って」

もう終わりなのか。
もうあの騒がしくも楽しい日常は帰ってこないのか。


まぁ、それはさておき。
安田と本好はやっぱ鉄板だなぁと。

美作と安田の女装して学祭潜入ネタ読みたかったなぁ。

ってか、女装潜入に美作を誘うのかよっ。
安田、男前すぎる。

くそぅ、読みたかったなぁぁぁぁ。

本好はそのときどうするのかなぁ。
美っちゃんが望むならと、完璧な女装を美作に施しそうだな。

そして、できあがる美作ママと。


あー、病魔手放してもいいから続かないかなー>連載
意外と病魔出てこなくても話作れそうな気がするんすよね。


・DOIS SOL ドイソル
最終回。


まさに打ち切りエンド。
どう見ても打ち切りエンドっ。

でも、打ち切られるほどつまらなかったとは思わないんだぜー。
みんな、“ジャンプはスポーツマンガが長続きしない”ジンクスが悪いんや。





……いあ、最初の3話くらいの出来がもごもご。

おつかれさまでした!>作者


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/06/22(水) 01:38:00|
  2. 少年ジャンプ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://naseba.blog43.fc2.com/tb.php/997-9faa4f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad